オリジナルキャラによる小説専用ブログです。
「IF」シリーズ・それぞれの未来(さき)
2009/01/19 - Mon - 20:50
久しぶりの「IF」シリーズです。
今回は翠嵐メンバーズのひとりが登場する、ちょっと番外編的なお話です。
ゆえに、翠嵐メンバーの未来が語られておりまする(^^;)
ちょっとネタばれ的なことも書いてあるし(一応ぼかしてはおりますが)、お蔵入りさせちゃうおうかとも思っていたのですが、今週はオフの方が忙しくてSSを書いている時間が取れないのと(3本くらい並行して書いているけど、まだ終わらない;;)、先に読んでもらった毬さんに「お蔵入りはもったいない」とおっしゃっていただいたので、思い切ってアップすることにしました。
10年後の未来のパラレルなお話、そういうのも読んでもいいよ、と思われた方はつづきをよむからどうぞ。
CATEGORY : 「IF」シリーズ  *  THREAD TITLE : ショートショート  *  THREAD THEME : 小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  Edit
それぞれの未来(さき)、拝読させて頂きました。
こんにちは~。

翠嵐のお嬢さん達は高校卒業してから。
波乱に満ちた中、しっかりと幸せを掴んで歩まれてゆくのですね~。

授かり婚(近頃は、こう云うらしいです)の翔子さんもですが、
このみ姫のその後には、私も少々驚きです(笑)
最初に彼氏が出来た満実ちゃんが一番遅かったのも意外だけど、
お互い社会人になると結婚に向かうタイミングが掴めずに…というのも頷けます。
日夏里ちゃんとつーさんも、幸せでいる道に辿りつけた様で…本当に良かった~。
(この先の展開が、ちょっと、いやかなり、不安だったの~)

これはお蔵入りしなくて、正解です!
毬さん、ナイスフォローですわ♪

ちょっと、意味が違うかもしれないですけど。
「書きたいけど、今の自分にはハードルが高いから、まだ先にしよう」
というお話は、逆に今が書き時なんだそうです。
お話は生ものと同じで、時間を置くと期を逸して腐ってしまうんですって。
今一番書きたいものを書くのが、いい作品を生み出す源なんですって。
(某●学館で今一番売れてるっぽい少女漫画家さんの体験談。
 担当者にそう言われて奮起し、連載が大ヒットに繋がったそうです)

だから。どんどん、書いて下さいねv
2009/01/20 - Tue - 15:38     Edit
ありがとうございます(^^)
碧穂さん、こんばんは。
貴重なお休みの日にワタクシのSSを読んでくださってありがとうございます。
少しでも楽しんでいただけたようで何よりですわ。

翠嵐メンバーズのみんな。
以前は(まだ4コマとかで遊んでいて、文章でお話は書いてませんでした。・・・・というより書けなかったんです)まだここまで彼女達のその後は決まっていませんでした。
このブログを始めて、彼女達と密度濃く付き合うようになってきて、いろいろなものが決まったんですよ。

10年後の世界は正直書くつもりありませんでした。
でも翔子が「あたしがナビになるから、みんなのこと書いて」と後押ししてくれたんですね。
翔子は早い段階から「教師になる」と言ってたし、じゃあ佑介くんと同じ矢の倉中に赴任させちゃえと(笑)
毬さんからは「一番佑に関心のなかった翔子ちゃんがねえ」と言われましたわ。

>授かり婚(近頃は、こう云うらしいです)の翔子さんもですが、
>このみ姫のその後には、私も少々驚きです(笑)
あら、そんなに驚きですか?
まあまだ彼女達の現在の家庭環境とかをきちんと書いていないから、意外に思われてしまうのかもしれませんね。
みんな、彼女達が自分で選び取りましたのよ。

満実は、一番現実に近いですね。

日夏里とつの字については、ちょっとこれ以上書けませんでした。
書いてしまうと・・・・・ネタばれになってしまうので(笑)
ただ私は「ハッピーエンド主義」ですから、最終的には「幸せ」にたどりつくことは間違いないのです。その間にいろいろ波乱万丈あろうとも。
なので。

>(この先の展開が、ちょっと、いやかなり、不安だったの~)
と、碧穂さんが不安を抱かれたようで、その不安ながどのようなものなのかは図りかねますが。
17歳の彼女達、これから様々な試練に襲われます。
私自身もそれらを書くに当たって随分悩みました。
でもそうすることが彼女達にとって一番の道なのかなとやっと納得できて。
まずはちゃんと「学園祭」を終わらせないとなんですけど(^^;)、その後彼女達を見守っていてくださりませ。

>お話は生ものと同じで、時間を置くと期を逸して腐ってしまうんですって。
これはわかります。
生み出した作品が「いい作品」かどうかはわからないけれど、「書きたい」と思った時に書かないと、結局そのまま「お蔵入り」で、あとで思い出したときに書いてもなんだか違う話になってしまったりとかありました。
予定外の話でも、「今これを書きたい!」と思ったらそこで書くのが一番ですね。
がんばりますわ。
2009/01/20 - Tue - 18:27     Edit












管理者にだけ表示を許可する   
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
カレンダー
2018/01 ←  → 2018/03
2018/02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

葉桐瑞穂

Author:葉桐瑞穂

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: