オリジナルキャラによる小説専用ブログです。
レディ・バイオレットは上機嫌・4
2009/09/08 - Tue - 16:16
最終話でございます。
少しすみれままがおとなしくなったかも(笑)

ま、いろいろなことをばらしてるというか、なんというか(^^;)

つづきをよむからどうぞ。
CATEGORY : 長編小説 レディ・バイオレットは上機嫌(全4話)  *  THREAD TITLE : 自作小説  *  THREAD THEME : 小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  Edit
不思議な…
栞「でも…、男の子から『好きだ』なんて言われたの、これで二度目よね、佑くん(笑)」
航「え?」
佑介「栞;;」
栞「ほら、大阪でのインターハイのときに、月人くんからも言われたじゃない、USJで(笑)」
航「え、そうなのか!?」
佑介「う゛;; ま、まあ…(^^;)。でも、そーいう意味じゃないからな;;」
航「……どーだか」
佑介「航~;;」

七海「なんていうのか…。ほんとに不思議な人ですね、土御門さんって」
栞「え、そう?」
七海「きっと、男女問わず魅きつけられるものがあるんでしょうね。いつもなら冷静な航ちゃんもあんなだし(笑)」
栞「言われてみれば(笑)。…そう…なのかな」

****************************

こんばんわ、今日もすっごく楽しかったですわん♪

無事完結、お疲れ様でした~。とても楽しませて頂きました♪
思いがけない繋がりがいくつも出てきて、目が点の連続でございました。
七にーちゃんとの勝負は私めが書かせて頂くことに相成りましたが、微力でも頑張らせて頂きまする(^_^;)。

しかし航くんってば(笑)。…いつも佑のことを考えてくれていてありがとうね。
私も航くんには佑に抱きつかせちゃったけど、そのうち、つっきーにもそうさせちゃおうか(爆)。
2009/09/08 - Tue - 21:43     Edit
また、きてね(^^)
すみれ「うふふ。とっても楽しかった♪」
日夏里「・・・・・;;もう、お母さんてば、言いたい放題なんだもん。困っちゃったよ」
すみれ「あら。どのへんが困ったのかしらね」
日夏里「え?・・・・いろいろ、全部;;」
すみれ「そ~お?・・・・ま、ひーちゃんに彼氏がいらないことはわかってるからね」
日夏里「ど、どーして;;」
すみれ「次ちゃんがいるでしょ」にっこり笑うすみれまま(笑)
日夏里「!//////;;;;」
すみれ「あらら。今までと反応が違うわね。・・・・・・なにがあったのかしら♪」
日夏里「なにもないから;;」

**************************

おはようございます♪ワタクシもとっても楽しゅうございましたわv

労いの言葉、ありがとうございます。
今回は橘家の面々にすっかり振り回されてしまいましたね、佑介くんたち(^^;)
お疲れ様でございました(笑)

思いがけないいろいろな繋がりは、今回の話を練っている時にとんとんと、決まりました。
ま、深川とのことは、日夏里もななみんも翠嵐なので別にさほど意外ではないと思いますが。(すみれままも在校時、特活でばばさまから習っておりました)
ちなみにこのみ姫も習っておりますわ(爆)

七にーちゃん、雪にーちゃんより目立ってましたね(笑)
やっぱり雪にーちゃんはヘタレだからいかんのだろーか(爆)
佑介くんとの勝負は、よろしくお願いしまする。なにかわからないことがあったら、いつでも聞いて下さいね。

航くんは・・・・・、ほんと佑介くんが大好きなんだなあと思います。
ま、抱きつくのもじゃれているだけですから(笑)
・・・・つっきーは、抱きつくとやばいのでは(爆)
2009/09/09 - Wed - 05:26     Edit












管理者にだけ表示を許可する   
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
カレンダー
2018/01 ←  → 2018/03
2018/02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

葉桐瑞穂

Author:葉桐瑞穂

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: