• 2018_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2018_08

Cafe Chocolat Holic

オリジナルキャラによる小説専用ブログです。


スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


永遠(とわ)の誓い

  1. 2010/06/18(金) 16:40:37_
  2. 「IF」シリーズ
  3. _ tb:0
  4. _ comment:2
今日は栞ちゃんの誕生日でございます。

昨日突発で降ってきたのは、とっても短いモノローグ。
ちょっとだけ「未来」のこと。

つづきを読むからどうぞ。




19日追記
よもぎさん他かつてのイケメン高校生のみなみなさま、拍手とお祝いの言葉をありがとうございます(^^)
 


大学二年、二十歳(はたち)の春にプロポーズをした。

ずっと、命果てるまでそばにいて欲しいと。

それから二年。
大学卒業の年の誕生日が土曜日であったから、決めてしまった。
この日に、と。


6月。水無月、風待月。
週の初めに梅雨に入り、しとしと雨がそぼふる日々だった。

「明日、晴れるかな」
空を覆う、どんよりとした雲を眺め栞が隣でつぶやいた。
「・・・・・晴れるといいな」
栞の肩を抱き、俺も空を見上げた。
天気ばかりはどうにもならない。明日の予報は、いまのところ「雨」。
小さなてるてる坊主を軒下につるし、ささやかに祈るしかなかった。


「佑!起きなさい。・・・・今日は一世一代の大事な日でしょ!」
おふくろの声と同時にカーテンが開けられる音がした。
「・・・・・晴れ、てる・・・・・?」
窓越しに入ってきたのは、夏至前のすでに高くのぼりつつある太陽の光。
眩しくて、ゆっくりと瞳を開いた。
「朝からいいお天気よ。良かったわね、晴れて」
起き上がった俺におふくろがにこりと笑って言う。
昨日の眠る前に見た天気予報では、今日も一日雨だった。

・・・・晴れにしてくれたんだろうか、彼の人が。

ふと思ってしまった。


その後は、なにやらぱたぱたとしているうちに時間が過ぎて。
気がついたら、祭壇の前に立っていた。

もうすぐ扉が開いて、栞が入ってくる。
永遠(とわ)に、と誓い合う儀式のために。

俺は、深呼吸をひとつした。








テーマ : ショートショート    ジャンル : 小説・文学

<<ある日の尚壽館 | BLOG TOP | 稽古、事始め。>>

comment

  1. 2010/06/18(金) 23:52:19 |
  2. URL |
  3. 土御門佑介
  4. [ 編集 ]
式の前@新郎控室

光一郎「よ、佑。今日は本当におめでとう」
佑介「飛鷹さん! それに瑠衣さんも」
瑠衣「今日の佑介くん、いつもより何倍も素敵よ。おめでとう」(にっこり)
佑介「ありがとう。というか、飛鷹さんたちには仲人までしてもらっちゃって…;;」
光一郎「俺がやりたいと言ったんだから(笑)。ま、初めてだからちと不安もあるがな(^^;)」
佑介「飛鷹さ~ん;;」
瑠衣「光一郎ったら(^^;)」

駿一(光一郎と瑠衣の息子です。4歳)「ゆうにいちゃん、おめでとう!」←光一郎の後ろからひょっこり
佑介「お~駿坊。ありがとな」←ひょいと抱き上げる
駿一「…ね~、ゆうにいちゃん。ぼく、ゆうにいちゃんのおよめさんのうしろもちたかったな」
佑介「あ……」
光一郎「こら駿一。それはお嫁さんのお姉さんの子供たちがやるんだから。我慢しなさい」

栞のベールを持つのは、栞の姉・咲子の子供である萌と桐梧がやることになっているようだ。芙美は8歳なので微妙なところなのだが…。

駿一「…うん…」
佑介「(ふっと笑って)ありがとな、駿坊。その気持ちだけでとっても嬉しいよ」

佑介の笑顔につられて、駿一も満面の笑みで笑い返した。

*******************

こんばんわ~。
短いけれど、なんだかすごくノスタルジックでいいな…と思ってしまいました♪

いわゆる「ベールガール」「ベールボーイ」は、調べてみると4~7歳の子供がするみたいで、それなら萌ちゃんと桐梧くんかなあ、と思って(笑)。
間違っていたらすんませんです;;

  1. 2010/06/19(土) 06:05:10 |
  2. URL |
  3. 星野芙美
  4. [ 編集 ]
式の前@新婦控室


咲子「しーちゃん、とっても素敵。・・・・・おめでとう」
すでに、咲子涙ぐんでます。
栞「やだ、咲ちゃん。泣かないで;;」
真穂「咲子ったら。あなたがお嫁に行くんじゃないでしょうに(^^;)」
咲子「だって・・・」
芙美「おかあさん。おめでたい日にないちゃだめ」
絋次「仕方ないな」
咲子「ちょ、ちょっと、こーさん;;」
こーさん、咲子を連れ出しました(爆)

芙美「あとはおとうさんにまかせちゃえば、だいじょうぶ」
栞「・・・・ふーちゃん、ごめんね」
芙美「?なにが、しおちゃん」
栞「ベールガール、やりたがってたのに・・・・」
本当は違うことを言いたかった栞ちゃんなんですが。
芙美「しおちゃんがあやまることじゃないよ。あたしはゆうちゃんをあんないできるからいいの」
にっこりとお日さまの笑顔。
今日のお天気は、彼の方と芙美のおかげ?


**************************
おはです♪

> 短いけれど、なんだかすごくノスタルジックでいいな…と思ってしまいました♪
ありがとですv
初稿の段階ではもう少しいろいろ書いてあったんですが、あえてそぎ落としました。
凝縮、ということで(爆)

「ベールガール」「ベールボーイ」、年齢までは知りませんでしたわ。
でもバランスを考えると、萌と桐梧の方がよさそうですよね。

しかし、このふたりの結婚式は「教会式」だから、基本誰でもお祝いに来られるんですよね。
いったいどんだけ来てくれてるんでしょ(笑)
 
 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback




プロフィール

葉桐瑞穂

Author:葉桐瑞穂

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2018 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。