オリジナルキャラによる小説専用ブログです。
青春は、いじわる。
2010/10/14 - Thu - 10:26
一週間ぶりの更新です。

え~、今回の話はとっても『シモ』なネタでございます(爆)
下品にはなってないと思うのですが(とりあえず直接表現は避けたし>当たり前;;)、覚悟してお読みいただくべきかと;;

ネタ提供は、某Kさま(ばらしちゃった<笑>)ととある剣道関係の掲示板過去ログ。
剣道に限らず、運動していればありえる事でございます。
若さゆえってことで(大爆)

ではではつづきをよむからどうぞ。
CATEGORY : 短編小説  *  THREAD TITLE : ショートショート  *  THREAD THEME : 小説・文学
TRACKBACK : 0  *  COMMENT : 2  *  Edit
自然なこととはいえ(笑)
@再度の休憩時間

佑介「月人、もう大丈夫か?」
月人「う、うん////;;ごめんね、心配させちゃって」
佑介「そんな謝ることじゃないだろ(笑)」
苦笑しつつ月人の頭をくしゃっとなでる。
航「しっかし、遠目であのガールズちゃんたちにばれなかったから、よかったものの…」
佑介「なにがだ?」
航「いや、もしあのつっきーの現象がわかっちゃってたら、ますます滑車がかかってたなと(^^;)」
月人「……あ;;」
航「まさに佑介と互角やってて起っちゃうんだから(爆)。はたから見たら説得力ありすぎ(爆)」
佑介「わーたーる;; おまえな~;;」

*******************************

こんばんわです(笑)。
なーる、こういうネタでしたか。帰りの電車で携帯からのぞいた時、吹き出すのをこらえるのに必死でしたがな(大爆)。オトコノコってほんと大変(^_^;)。
何気に「忘れえぬ~」のことにも触れてくれてありがとね。

…で、メッセで言っていたK様の「佑介くんはもうすっきりしてるよね~」、やっぱこーいうことでしたか(核爆)。予想はしてたけど(爆)。
それにしても航くんってばあんなサラリと;;
つっきーも数くんも固まっちゃってたけど、ばれちゃって…る?(大爆)
2010/10/15 - Fri - 00:25     Edit
ええ、自然なことですが(爆)
@稽古終了後

航「そーいや、つっきーは袴の下にまだぱんつはいてるの?」
月人「・・・・・はいてるよ」
航「この猛暑をよく乗り切ったね、それで。気持ち悪くなかったわけ?」
月人「まあ、ちょっとは」
航「ちょっとねえ。・・・・あ、数道はどーなの?」
佑介「そんなこといちいち確かめなくても」←苦笑しております。
数道「え?・・・あ、その、はいてないです」
航「ほら、数道もはいてないんだから、つっきーも」
佑介「航~;;」
数道「そういえば月人は確か・・・・」
なにか思い出そうとしている数道。
月人「よけいなこというなよな」
数道「・・・・月人は男子校だったなって、言おうと思っただけだけど」
先ほどの一件があるので、月人に対し、まだ怒ってます(^^;)
月人「そんなこと、航くんも佑介くんも知ってるよ」
航「そーだった。つっきー男子校なんだよね。・・・・って、もしかして」
佑介「なんだよ、航。含み笑いなんかして;;」
航「・・・・ぱんつはいてないと危険なんだね、てーそーが」
月人「航くんっ!!」
つっきー、真っ赤になりました(大爆)

****************

おはようございます~。
ええ、こんなネタでございましたよ(爆)
Kさまってばねえ(笑)

>それにしても航くんってばあんなサラリと;;
それが航くんだから~(^^;)
今回もさらりとまたトンデモなこと言ってます~(爆)

>つっきーも数くんも固まっちゃってたけど、ばれちゃって…る?(大爆)
ばれてるっていうか、佑介くんと栞ちゃんが恋人同士なのはわかってるし、ふたりの醸し出す雰囲気を感じ取れば、そーゆー仲だってことは言われなくても、もう察していると思います。
なんというか、このふたりに限らず他の人もね。
「お初」がすんだばかりの頃とは、さすがに違いますよ。
つっきーと数道が固まったのは、航くんの露骨な言動に対してですから(^^;)
免疫ないからね~(笑)



2010/10/15 - Fri - 09:58     Edit












管理者にだけ表示を許可する   
TRACKBACK
TRACKBACK URL
<%trackback?url>
カレンダー
2018/01 ←  → 2018/03
2018/02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

葉桐瑞穂

Author:葉桐瑞穂

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: