上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
キャラクターの10年後を書く、パラレルワールドな「IF」シリーズのキャラ設定です。
友人の毬さんとかなりクロスオーバーして話を書いているので、ここらできちんと設定の紹介をしておきますね。

つづきをよむからどうぞ。
<毬さん側・・・・土御門家のみなさん>
佑介くん
 おさななじみの栞ちゃんと大学卒業後結婚。現在は中学校の社会科教師。
 なんの陰謀か(笑)、姪っ子の学校に赴任してしまう。(しかも担任) 剣道部顧問。
 栞ちゃんの実家の道場(尚壽館)はいづれ継ぐ予定。

栞ちゃん
 今は専業主婦。土御門家にお嫁にきたので、小都子まま、梅乃おばあちゃんと同居。

幸祐くん
 佑介くんと栞ちゃんの息子。現在3歳。剣道を習い始めた。



<ワタクシ側>・・・・・・「星野家」のみんな
咲子
 剣道に復帰していて、段位は四段。髪が長くなりました。(のばせと言われた様で・・・・)

こーさん
 特に変わらず(笑)義弟となった佑介くんとものすごく仲良し(笑)

芙美(13)(ふみ) 4/22生まれ
 矢の倉中学校に通う中学一年生。幼い頃から習っている剣道は現在一級。
 変わらず佑介くんに懐いていて、「ゆうちゃん」と慕っている。

萌(9)(もえ) 5/15生まれ
 活発で男勝り。スカートが大嫌いなでいつもパンツスタイルの女の子。
 剣道は習い始めたけど、いまいちのよう(^^;)
 一歳下の弟桐梧とはいつも喧嘩していて、今のところ勝つのは萌。

桐梧(8)(とうご) 7/7生まれ
 顔は父親似だけど、性格は母親の咲子似。
 幼稚園児の頃に父親の絋次からさることをされて以来、少々苦手意識が働いていたりする。
 それでも絋次が弓道のインカレ覇者だということもあってか、小学校入学と同時に弓道を習う。
 芙美の次に佑介くんに懐いている。
 
蒔絵(6)(まきえ) 9/17生まれ
 年齢の割りに大人びていて、子供を前面に出せない性格。きょうだいたちのなかでは少し異質。
 咲子いわく「深川の血が濃いのかも」(咲子の母・真穂の実家)といっているが、実は父親似?
 武道には一切興味がなく、深川の曾祖母から茶道と華道を習っている。
 叔母の栞ちゃんには懐いているが、 佑介くんは苦手。

草乃(3)(かやの) 5/20生まれ
 佑介くんと栞ちゃんの息子幸祐くんと同い年。末っ子らしい甘えん坊で一番お父さんっ子。
 いとこの幸祐くんが剣道を習い始めたので、習い始めたというのが本当のところ(笑)


東山慧大(15)(とうやま けいた)
 夏休み直前に鹿児島から引っ越してきた少年。
 父親が真穂の後輩で、以前佑介くん鍛えたことがあったので、尚壽館に入門する。
 慧大自身は全中二回連続出場の腕を持つ。現在二段。
 性格は真っ直ぐで天真爛漫。やんちゃだが、気遣いも出来面倒見も良い。
 お日様のような笑顔の芙美をみて「一目惚れ」。
 「ゆうちゃん一番」の芙美に「すごい」と思ってもらえるよう、日々がんばり中。

芙美と慧大
以前「夏休み編」にアップしたものですが、左側が慧大です。

2008.08.07 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mizuhohagiri.blog35.fc2.com/tb.php/74-3a4f1009
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。