@いつもの(笑)カフェテリア

日夏里「あ、小夜ちゃんこっちだよ」
小夜子「何用なの?放課後突然ここに来てって」
翔子「ごめん、ごめん。忙しかった?」
小夜子「いや、別に忙しくないけど、図書室行って本だけ返したいから。期限今日までなんだよね」
翔子「預かっとくよ~。で、返却期限もちょいちょいとやっておくよ」 ←翔子は図書委員です。
日夏里「こらこら(笑)職権乱用はいけない」
小夜子「じゃ、お願いしよう。ありがと、マチカワ」
日夏里「小夜ちゃ~ん(^^;)」

小夜子「で、私を呼び出した用事は?」
日夏里「あのね、昨日ちゃんと小夜ちゃんの紹介をしてないでしょ?だからだよ」
翔子「そうそう」
小夜子「なんだ、そんなこと。いいよ、別に」
日夏里「だめだよ~。小夜ちゃんは大事な友達なんだから!」
小夜子「タチバナはいつもかわいいこと言うねえ。そういうとこ、好きだよ」
日夏里「あたしも小夜ちゃん、大好きだよ♪」
小夜子「晴田女史より?(笑)」
日夏里「う;;・・・・つ、つーさんは・・・・・」
小夜子「あはは。うそうそ。ほんとかわいいなあ」
日夏里「小夜ちゃんのいじわる」

翔子「ちっとも先に進まないんだけど(^^;)」
日夏里「あ、そうだった;;」

小夜子

日夏里「小夜ちゃんの画像だよ」
翔子「ちょっと古いけどねえ」 ←ほっといて作者@瑞穂
日夏里「小夜ちゃんは、雪谷小夜子(ゆきがや さよこ)といって、中2、中3と同じクラスだったんだよ」
翔子「今はあたしと同じ2-C」
日夏里「そうそう。小夜ちゃんは3/31が誕生日なんだよね」
小夜子「まあね」
翔子「で、4月生まれの同い年のお兄さんがいたりするの」
小夜子「幸か不幸か」
日夏里「不幸じゃないでしょ(^^;)」
小夜子「・・・・・口うるさいから。オトコのくせに」
日夏里「小夜ちゃん、それ差別発言;;」
小夜子「いいの。にーちゃんと同じ学校に行きたくなくて翠嵐入ったんだから」
翔子「え、そうだったの?」
小夜子「にーちゃんはふつーに公立通ってるよ」
日夏里「・・・・ちなみにお名前は?」
小夜子「春彦。ただの空手バカ」
翔子「小夜ちゃん、きっつい(^^;)」
日夏里「お兄さん、学園祭には来るの?」
小夜子「たぶんね。でも他人のふりするけど」
翔子「なんで?」
小夜子「・・・・・兄妹と思われたくないから」
日夏里&翔子「・・・・・・・・・(^^;)」

**********************************

昨日初登場しました小夜ちゃんは、昔からいるのでビジュアルがあります。
ちょっと一風変わっておりますが、頭脳明晰なお嬢さんです。
同い年の兄上・春彦くんは空手の有段者。妹を溺愛してます(^^;)
2008.09.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://mizuhohagiri.blog35.fc2.com/tb.php/81-d2ef794f